紙は資源として優秀な存在

家でも職場でも大量に排出される紙の山。
粗大ごみや産業廃棄物ではないものの、不用品として捨てるのには結構やっかいな代物です。
一つに縛ってまとめなければならず「雑紙」や「新聞紙」などに分けなければならないからです。
ではこれらは最終的にどのような形でリサイクルされているのでしょうか。

紙が紙に生まれ変わる

私たちが不必要になった紙は分別され「古紙」として回収されます。
当然紙にも原料や品質がありますから、それらを分けておいて再利用しやすくしておきます。
気をつけなければならないのは「禁忌品」と呼ばれる紙を入れないことです。
これを入れてしまうとせっかくの資源である紙が使われなくなってしまいます。
代表例をあげますとのりがついたままの封筒、カーボン紙と呼ばれる紙、感熱紙というFAXで使われる紙などです。

大きな工場で真っ白に

製紙工場で古紙は真っ白に生まれ変わります。
インキ抜きと呼ばれる作業をするからです。
そうすることでトイレットペーパーや新聞紙として生まれ変わります。
なお段ボールやボール紙と言った色がついていても問題の無い紙製品に生まれ変わる場合は、インキ抜きをせずにそのまま再利用されます。

再利用できる資源として

いつもトイレで使ったり、荷物を運ぶときに使ったり紙には物を書く以外にもたくさんお世話になっています。
再利用が得意な紙は何度でも使い続けることが出来るため、燃やしてしまうのではなく必ず資源として再利用していきましょう。

ページ上に戻る